歯科で行われている治療を大公開!|口内健康MANIA

先生

歯科材料による疾患

歯磨き

虫歯の治療や、インプラントの治療を行なうことによって金属アレルギーの症状が表れることがあります。口内は湿潤状態なので、詰め物やボルトなどの金属イオンが溶解して体内に吸収されてしまいます。体内に金属イオンが吸収されると、免疫機能が応答してしまいアレルギーの症状が出てしまいます。金属アレルギーの症状として挙げられるのが、皮膚の炎症や脱毛症などです。また、金属の成分が体内に蓄積してしまうと、様々な悪影響を体に及ぼしてしまいます。肝臓や腎臓の機能障害や、アルツハイマーなどの脳障害を引き起こすというリスクが有ります。
金属アレルギーを引き起こしてしまう原因とされているのが、毒性歯科金属と呼ばれる歯科材料です。毒性歯科金属と呼ばれる歯科材料として挙げられるのが、アマルガム、ニッケルクロム合金、チタン、金銀パラジウム合金、銀合金などです。このような歯科材料を修復物として使っていた場合は、金属アレルギーの症状が出てしまうことがあります。歯科材料が原因で金属アレルギーになっているのであれば、ノンメタル治療を行うことによって症状を改善することができます。ノンメタル治療とは、体に負担をかけないセラミックを歯科材料に使うという治療方法です。毒性歯科金属を一掃してオールセラミックスにすることで、金属アレルギーの症状を改善することが出来ます。インプラントのチタンが原因で金属アレルギーが引き起こされている場合は、人工ダイヤモンドを素材として使っているジルコニアインプラントを装着すると良いでしょう。原因不明のアレルギー症状で悩まされているという方は、歯科で検査を受けてみましょう。